主流になっていく家族葬

家族葬を行うときのトラブル

採用されるお葬式のスタイルで増えている家族葬ですが、まだまだ全員に理解をしてもらうには時間が必要です。このお葬式のスタイルの時には、どこまで参列者を呼べばいいか範囲に決まりがないため、非常に難しい問題です。しかし、これ以外にもトラブルの可能性があるため、しっかりと対応していかなければいけません。家族葬のトラブルでは、檀家となっているお寺に理解してもらわなければいけないことです。お寺によっては、家族葬を認めていないお寺もまだまだ多いです。納骨を断られるだけでなく、戒名まで断られることがあるので、家族葬をするときには必ず事前に相談をしておきましょう。お寺での考え方を事前に把握しておくことで、どのようなお葬式のスタイルにすれば良いか判断ができます。 

参列者の中には親族がおり、親族によっては付き合いの度合いも異なるものです。血縁関係が薄くても日ごろから付き合いの濃い親族もいれば、ほとんど付き合いのない親族もいます。お葬式を家族だけで行いたいと言う考えであれば、親族すべてに声をかけなくても済みますが、親しい友人にも声をかけるのであれば、親族も生前のお付き合い関係で呼ばなければいけないものです。親族を呼ばずに友人や知人を呼ぶと、トラブルになってしまうケースも考えられます。  

家族葬の場合には、参列者として呼ぶ方を決めてしまうことになり、後日トラブルになってしまう可能性があります。参列の案内をしない明確な理由があれば、相手にもしっかりと連絡することができますが、明確な理由がない場合には、お葬式の案内を控えることもできます。案内をしたことで参列した方が良いと考える方もいますので、後日手紙などで報告することでトラブルを未然に防ぐことができます。

家族葬は、参列者を選ぶ必要のあるお葬式で、しかも小規模なスタイルになることでお寺にも理解をしてもらうことが大切です。どうしても後日トラブルになるのであれば、故人の希望するお葬式の形だということを事前に伝えておくことが、トラブルを未然に防ぐ鍵になります。