主流になっていく家族葬

家族葬は呼ぶ人を決めることが大変

家族葬の準備では、誰を呼ぶか決めることが最初の大切な作業です。これまで行われてきた一般的なお葬式の場合には、弔問客は全て受け入れることになるので、親族や親しい友人に連絡をしてお葬式についての情報を連絡します。参列者の人数が事前に想定できないことがあり、香典返しや精進落としの料理の準備が大変なことが挙げられます。しかし、家族葬であれば呼ぶ人を決めることができるため、これらの準備も確実に行うことができます。

家族葬のスタイルで参列者を決めるときには、血縁関係の親戚等と故人や喪主と親しい人たちに分類できます。このお葬式のスタイルでは、血縁関係でも線引きをすることが可能です。親族でも直系親族だけを呼ぶこともでき、それ以外の親族には連絡をして終了させることができます。知人でも親しい人だけを呼ぶことができ、日頃挨拶をするだけの知人には連絡で済ますことも可能です。参列者の人数も事前に想定できるため、料理や香典返しが不足させないようにすることができます。

喪主やその親族で参列者を決めることが難しいこともあり、故人が生前親しくしていた人たちが分からないこともあります。家族に知人や友人関係があまり知られていない場合には、終活ノートに記録することや、生前必ず呼んでもらいたい友人や知人は事前に家族に伝えておくことが大切です。そうすれば、お葬式を行うときに家族が誰を呼べば良いか把握することができます。

お葬式の時に参列する人を決めることができる家族葬ですが、お葬式に参列できなかった人たちでも最後のお別れができるように、後日時間を作ることが大切です。仏様となった故人に挨拶をしてもらえる時間を作ることで、参列できなかった人たちも最後のお別れができるようにしてあげましょう。この時間を作ることも事前に連絡しておけば、トラブルなくお葬式を行うことができます。葬儀会社によっては、生前から相談できる葬儀会社もあるので、本人や喪主の人が葬儀会社と相談をしておけば、実際にお葬式を行うときに慌てずトラブルなくお葬式を行うことができます。