主流になっていく家族葬

一般的な家族葬の流れ

お葬式のスタイルを決めるのは、喪主を中心とした親族になりますが、最近では終活により本人がお葬式のスタイルを希望することがあります。大掛かりなお葬式を希望しない場合には、家族葬を行うことが最近の主流となっています。このお葬式のスタイルでは、一般的なお葬式のスタイルとあまり違いがなく、同じように進めていきます。

葬儀会社に家族葬での依頼をすると、病院または亡くなった場所に寝台車で迎えに行き、安置場所に移動をします。自宅または安置施設になりますが、葬儀会社では24時間年中無休で対応しています。この後、葬儀会社と打ち合わせを行いお葬式のスタイルを決定します。この時に、どのようなお葬式のスタイルにするのか打ち合わせで決定をすることになりますが、家族葬を希望すれば、このまま見積もりなどを行っていきます。最近の葬儀会社では、トラブルにならないように見積書を作成してくれることが多いです。役場や火葬の手続きを行い、これでお葬式の準備は終了です。

家族葬は、一般的なお葬式と内容はほとんど変わらないため、納棺の儀式からお通夜を行い、最後にお別れの儀式をします。納棺の儀式では、亡くなった故人の旅立ちの身支度を行います。遺影の写真を選び、お通夜からお別れの儀式となる告別式を行います。告別式では通常通り僧侶による読経を行うことや献花をして、最後のお別れをします。この儀式が終われば出棺となり、火葬をします。そして、そのまま初七日法要を執り行うことになります。これらの一連の流れを見ても分かるように、通常の一般的なお葬式と変わりはありません。

では、なぜ家族葬を選ぶ人が多いのかと言うと、これまで行ってきた一般的なお葬式と比較すると小規模になるため、盛大にしたくない方や家族だけで送ってあげたいと考える人にはうってつけのスタイルになるからです。弔問客も限定することになり、香典を断る場合もあるので、家族葬の場合には、周囲の方への事前の通知が不可欠ですので注意しましょう。また、終活をしている人の場合には、お葬式の時に呼んでもらいたい参列者を明記していることがありますので、故人が希望されていた場合は必ず確認をしなければなりません。